研究室配属および大学院進学希望のみなさんに

 我々の研究室では”有機化学”と“光化学”をキーワードに研究を進めています。


 研究室配属された学生のみなさんは大部分の時間(7~9割)をポルフィリンなどの機能性有機色素や共役ポリマー、フラーレン、カーボンナノチューブ、グラフェンなどのナノカーボン、ナノ微粒子の誘導体、集合体、およびそれらの連結分子の有機合成と精製に費やします。この過程で、基本的な有機合成と精製の技術を身につけることができます。


 目的化合物が合成できると、その構造をNMR、マススペクトル、赤外スペクトル、元素分析、X線結晶構造解析などによって同定します。さらに目的化合物および電極上の集合体(有機薄膜)の物性を分光学的手法(吸収スペクトル、蛍光スペクトル、光動的散乱)、 電気化学的手法(サイクリックボルタンメトリー)、光電気化学的手法(電流・電圧特性、作用スペクトルなどの光電変換特性)、表面科学的手法(原子間力顕微鏡,透過型電子顕微鏡、走査型電子顕微鏡、X線回折)により評価します。この過程で基本的な装置の取り扱い、データの解釈、実験の進め方を学びます。フェムト秒から秒レベルに至る時間領域の光物性は研究室内過渡吸収測定装置の利用、あるいは国内外の共同研究によって明らかにします。


 自分自身が国内外の共同研究先に出向いて、みずから合成実験や物性測定を行い、これらの技術を習得することもできます。

【平成16年度は フランスに1名派遣(2ヶ月)、イスラエルに1名派遣(3ヶ月)、平成17年度はイタリアに1名派遣(2ヶ月)、米国に1名派遣(2ヶ月)、日立製作所に1名派遣(1週間)、東北大学に1名派遣(1週間)、平成18年度は台湾に1名派遣(3週間)、スウェーデンに1名派遣(2ヶ月)。平成19年度はスウェーデンに1名派遣(2ヶ月)、米国に1名派遣(3ヶ月)。平成21年度は米国に1名派遣(2ヶ月)。平成22年度はフィンランドに1名派遣(2ヶ月)。平成24年度はフィンランドに1名派遣(2週間)


 以上の成果がまとまれば、国内外の学会(光化学討論会、基礎有機化学討論会、日本化学会年会、フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム、米国電気化学会(英語での口頭発表)など)や原著論文で発表します。


 この一連の作業によって、研究の進め方、プレゼンテーションの仕方、学会発表、論文作成の仕方を学ぶことができます。また、研究内容が学際的であるために、国内外の国内外の物理、生物、化学の様々な分野の研究者と共同研究を行う機会が多いのも本研究室の特徴です。たとえば、国内外から学生を短期間受け入れて、一緒に共同研究を行ったりソウル国立大学、ヨンセイ大学(韓国)、タンペレ工科大学(フィンランド)、カスティージャ・ラ・マンチャ大学(スペイン)、フィリピン大学(フィリピン)など、院生自らが英語の研究発表を行ったりします(フィンランドタンペレ大院生レベルとの共同セミナー)。このような交流を通して、研究の視野を広げ、国際感覚を磨くことができます。


 外部からの進学希望者も歓迎しますので、今堀までご連絡ください。

平成15年度は京都工芸繊維大学から1名、平成17年度は同志社大学から1名、平成18年度は神戸大学から1名、平成19年度は立命館大学から1名、平成20年度は同志社大学から1名、平成21年度は名古屋大学から1名、平成22年度は京都工芸繊維大学から1名、平成23年度は中国江南大学から1名、平成24年度は台湾精華大学、韓国ソウル市立大学、群馬高等専門学校、東京農業工業大学から各1名ずつ、平成29年度は東北大学、兵庫県立大学、中国東南大学から各1名ずつ、平成30年度は九州大学、北九州高専から1名ずつが今堀研の大学院修士課程に進学しています。また、平成17年度は韓国西江大学から1名、平成24年度は九州大学から1名が今堀研の博士後期課程に進学しています。

日本語/Englishindex_e.html

大学教員(京都大学、大阪大学、九州大学、北海道大学、奈良教育大学、慶応大学)、博士研究員(ジュネーブ大学) 、東レ、富士フイルム、昭和電工、JFEスチール、住友電工、日本触媒、三菱電機、三菱商事、関西電力、JNC、DIC、三菱ガス化学、積水化学工業、新日鉄住金、豊田自動織機、ニプロ、クラレ、特許庁、大阪市立工業研究所、ゴアテックス、NTT、旭化成、花王、シャープ、住友ゴム、テルモ、三井物産、JX日鋼日石エネルギー、三洋化成、カネカ、塩野義製薬、三菱化学、パナソニックライティング香川、三菱マテリアル、日産化学、三井化学、サムソン、日産自動車、パナソニック、佐藤製薬 など

平成17年度:研究室内から4名、外部から1名、合計5名が大学院修士課程に進学。内部から1名、外部から2名(1名は留学生)の合計2名が大学院博士後期課程に進学。

*平成18年度:研究室内から4名、外部から1名、合計5名が大学院修士課程に進学。内部から1名が大学院博士後期課程に進学。

*平成19年度:研究室内から3名、外部から1名、合計4名が大学院修士課程に進学。内部から2名が大学院博士後期課程に進学。

*平成20年度:研究室内から2名、外部から2名、合計4名が大学院修士課程に進学。内部から1名が大学院博士後期課程に進学。博士後期課程院生は2名就職(住友電工、新日本石油)、1名はポスドク(九大を経て日産化学に就職)。

*平成21年度:研究室内から4名、外部から1名、合計5名が大学院修士課程に進学。内部から1名が大学院博士後期課程に進学。博士後期課程院生1名は研究員(京大を経て九大助教に着任)。

*平成22年度:研究室内から5名、外部から1名、合計6名が大学院修士課程に進学。国費留学生1名(ギリシャ)が大学院修士課程に入学。

*平成23年度:研究室内から3名、外部から1名、合計4名が大学院修士課程に進学。

*平成24年度:研究室内から4名、外部から4名(2名は台湾、韓国からの留学生)、合計8名が大学院修士課程に進学。外部から2名(1名は中国からの国費留学生)が大学院博士後期課程に進学。

*平成25年度:研究室内から4名、外部から1名、合計5名が大学院修士課程に進学。

*平成26年度:研究室内から5名、外部から1名、合計6名が大学院修士課程に進学。内部から2名が大学院博士後期課程に進学。

*平成27年度:研究室内から5名、外部から1名、合計6名が大学院修士課程に進学。内部から1名が大学院博士後期課程に進学。

*平成28年度:研究室内から4名、外部から2名、合計6名が大学院修士課程に進学。

*平成29年度:研究室内から3名、外部から3名(一名は中国からの留学生)、合計6名が大学院修士課程に進学。

*平成30年度:研究室内から4名、外部から2名、合計6名が大学院修士課程に進学。

過去の指導学生の就職先